三城×幸田・初めての・・・編26



「うっあぁ」

あられもない幸田の声があがり、三城へと施していた愛撫が止まる。

するとここぞとばかりに、両方の胸の突起を攻め立てられ、背中に悪寒にも似た物が走った。

「くっう、あぁぁ」

逃げたいのか求めたいのか、幸田は身体を前後に揺らし、僅かに頭上へとずり上がる。

だが三城はそれを許さず、片手を幸田の自身へとやるとズボンの上からギュッと握り締めた。

ドクンと鼓動が一つ大きく鳴り、幸田の抵抗が止まる。

既に立ち上がっているそれは、スラックスの生地を窮屈そうに押し上げている。

片手でベルトを外されファスナーが下げられ、下着ごとズボンを股まで下ろされた。

「ひっ」

自分の熱で暖められていた場所から冷たい外気に自身が曝され、思わず息を呑む。

その間も三城は幸田の乳首を舌先で転がしていた。

何かしなければ、と幸田の思考は動くも、いつしか三城から離れた指がシーツを握り締めるのがやっとだった。

三城の唇が、乳首やその周辺を這う。

指先は自身を捕らえ、先端をくすぐりながら裏へ回り下に降りてゆく。

目をキツく閉じている幸田には三城の表情は伺えなかった。

膝は立てられ腰を浮かしているのに気づきも出来ない。

中途半端な位置のズボンが邪魔をして上手くは出来ず、ベルトの金具がガチャリと音を立てた。

それを聞きやっと行動の自覚が出来ると、恥ずかしくなったが高ぶりは抑えれない。

胸にキツク吸い付いていた三城が離れると、そのまま流れるように唇を下へと動かす。

ハッとして幸田が見やった時には、三城は幸田の腹部に顔を埋めていた。

「やっ」

上半身を起して逃れようとするが三城の手が腰を掴み、逆に引き寄せられる。

ぺロリと三城の赤い舌が味見をするかのように先端の雫を舐め、ズボンを足から引き抜きベットの下へと落とした。

「うっく」

三城の口腔に自身が包まれた。

居た堪れなさから瞳を閉じてみると、自身への刺激だけが大きく伝わり、更なる羞恥を覚えた。

今までだって口淫の経験は何度もあるが、それが三城だと思うと羞恥は別格だった。

どこをどうされているかなんて解らず、ただ快感に飲み込まれてく。

自分が羞恥を快感に思う性質を持つなんて、今の今まで知らなかった。

ダイレクトに伝わる快楽の波と、三城の唾液か幸田の精液かが奏でる厭らしい水音。

聴覚も犯され、幸田はさらに絶頂へとを駆け上っていく。

「もっだ、、、め」

掠れた声で懇願すると、三城の愛撫は激しくなった。

「あっあああっ」

目を見開きビクビクと腰を震わせ、シーツに掴まりながら幸田は絶頂を向かえた。

放った場所が三城の口内だと思うと、妙な背徳感を感じる。

「はぁ、、はぁ」

荒げた息を落ち着けようと、大きく胸を上下させながら呼吸を繰り返す。

いつのまにか幸田の横に片肘をついて横たわっていた三城は、幸田の耳に触れるか触れないかという距離で囁いた。

「一週間、何もしてなかったのか?」

意地の悪い甘い囁きに、幸田は真っ赤になりながらコクンと頷いてみせた。



 
*目次*