三城×幸田・初めての・・・編27



嫌だと思う事も何もかも、三城の言いなりになってしまうのではないかという錯覚にすら陥ってしまう。

口付けをされるとそこから青臭い臭いが漂い、たった今彼が幸田の精液を飲み下した事を鮮明に思い出させる。

唇はすぐに離れ、耳たぶを甘噛みしながら、三城の指先が後孔に触れた。

「んっ、、あぁ」

いつのまに付けたのか三城の指はヌルリとしたものに覆われており、簡単に幸田の中へと入って来る。

良い所を掠められ、脳を刺激するような快感を覚えた。

何かに掴まっていないととても耐えれず、幸田は咄嗟に三城の首へと両腕を回す。

まだ乱れていない三城の上半身と幸田の素肌がぶつかり合った。

「くあぁぁ」

むき出しの三城の自身と、達したばかりだと言うのにすでに立ち上がりかけている幸田の自身が時折擦れ合う。

それを感じるだけで言いようの無い淫靡さを体感した。

直接的な快感はもちろん、触れ合っている相手を思うだけでこんなにも高まるものなのかと、朦朧としつつある頭の片隅で考える。

「三城さん、もぅ、ダメ」

「何がだ?」

解っているくせに、と悪態をつきたくても、わざとなのだろうその瞬間を狙って幸田の良い場所を強く押されては、まともな思考は彼方へと飛んでいってしまう。

「あぁ、もう、入れて。早く三城さんのが欲しい」

意識がはっきりとしていたら赤面どころではないセリフだ。

一際強く抱きつき、先端から蜜が溢れている自身を三城のそこにこすり付けた。

「解った。離れないと出来ないだろ?」

幼子に言うような口調で言うと、三城は幸田の頭を優しく撫でた。

その仕草にうっとりと目を細め、幸田は三城から腕を離した。

指の引き抜かれた後孔はヒクヒクとモノ欲しげに痙攣を繰り返す。

両膝を立てて大きく開き、三城の挿入を待った。

その恥じらいの無い仕草を三城はどう思っているのか、ニヤリとした笑みを口角に湛えただけでは解らない。

幸田に覆いかぶさると、たっぷりとローションを垂らした自身を幸田の蕾へとあてがう。

ローションの力があって、大きなその竿も幸田を傷つける事無くなんなく中へと入っていった。

「あぁぁ大きいんっ」

覆いかぶさる三城の首に腕を回すと、必死にしがみ付いた。

腰は自然と揺れ、自分の良いところを狙って突かせる。

「おいおい、随分な豹変ぶりだな」

揶揄する三城の声はとても満足そうだった。



 
*目次*