君と僕と・13


ニルは主人様に抗議をしてくれたけど、その結果またニルは翌朝まで何処かへ行って帰っては来なかった。

いつものようにニルの部屋で待っていた僕の所に、

「ニルは今夜は帰って来ない」

と伝えに来た主人様は、もう一言

「すまない」

とも、残して行った。

それが何に対する言葉かまでは解らない。

とても小さな声だったけれど、視力の無い僕は耳がよくて、しっかりと聞き取れた。
   
君と僕と・TOP