新婚旅行リベンジ・編・14



三城の太い指が幸田の後孔を自在に犯す。

グチュグチュと淫靡な水音を立てながら内部をかき混ぜられ、体中にキスを施された。

「ぁあぁぁぁ・・・あぁ・・・」

既に意識が遠のいている幸田の口からは意味の無い嬌声だけが漏れ、足を大きく広げられても文句も出ない。

こんなにも後ろが蕩けそうな程になっているというのに、相も変らずペニスには指先一つ触れられておらず、快感の中に歯がゆさが残る。

触れて欲しくてしかたがない。

いっそ自分で、と無意識の中で伸ばされた幸田の手は、耳元で意地悪く囁かれた言葉と共に、愛撫をおこなっていない三城の手に捉えられ指を絡め捕られれしまった。

甲を撫でられればそこにも甘い痺れが走る。

「自慰は今度見せてもらう。」

「ぅっんっあぁぁっ・・・・」

ダメだ、とばかりに内部を一際大きくかき混ぜられると、幸田の声も合わせて荒げられる。

「いっ・・やぁっ・・・」

もう堪えられない。

後ろだけではなく前もいじっていかせてほしい。

イヤイヤと首を振れば、三城がクスリと笑った。

「そんなにここが欲しいのか?」

僅かに触れさせた指先でペニスの下から上へ一撫でされると、幸田は大げさなまでに目を開きビクビクと震えた。

たったそれだけの仕草でドロリと一際濃い蜜が姿を見せる。

「あっはぁっ・・・」

欲していた快感は全身を駆け回ったが、満足感と同時にそれ以上のどうしようもない無虚感が押し寄せた。

中途半端な快感は、それまで以上に飢えを誘う。

もっともっと、と浅ましい要求が芽生え、ペニスの先端からは透明な蜜ばかりが次々に溢れ竿を汚す。

何故三城はこのような意地の悪い事をするのか。

いつもならば自分の良い事ばかりしてくれるというのに、と恨めしい気持ちも持ち上がる。

反抗心からか繋がれていない手をペニスへと伸ばそうとした時、三城の優しいキスが唇の端に降った。

「もっと良いモノが欲しくないか?だったら、服を脱ぐ間は我慢出来るな?」

急に、こんな時だけ、甘い笑みと甘い口調になるなんて、ずるい。

「・・・・」

言葉無く幸田が頷くと、三城は今度は目尻に優しくキスを施した。

「良い子だ。」

三城は両手と身体を離し、動けずにいる幸田の衣類を脱がしていく。

Tシャツ一枚と足に引っかかっていた下着やズボンはあっさり取り払われ、全裸になった幸田は三城に抱き上げられ広すぎるベッドの中央へ運ばれた。

頭が枕に守られ、素肌に直接触れるシーツは柔らかくて気持ち良い。

「ん・・・」

「待ってろ。」

衣擦れの音が聞こえ首を横へ向けると、三城がスーツを脱いでいくのが見えた。

ネクタイを解く手つきやシャツを脱ぐ仕草が、なんて事の無い動作のはずなのにとても淫靡に映ってしまい、幸田は思わず魅入ってしまう。

そのうえ、忙しい中でどのようにを維持しているのか、無駄な肉の無い身体は男趣味がなくても目を惹かれるだろう。

衣服を取り払うと、引き締まった綺麗な肉体、そして既に猛るペニスが現れる。

一糸纏わぬ姿となった三城はうっすらと笑みを浮かべ、ボンヤリと眺めていた幸田に覆い被さった。

肩を抱かれ、包み込むように腕の中へ誘われる。

「良い子にしていたか?」

幸田の返答など待つ気も無かったのか、まるで子供に言い聞かすように冗談めかして言い頬に唇を落とすと、裸の胸を重ね、そしての熱くたぎる互いのペニスを合わせた。

手の平とはまるで違う熱が、ペニス全体に伝わる。

「あっあぁっはぁっ」

三城のペニスが自分のものに触れ合う感覚は、考えられない程の快感を呼んだ。

それはただ待ち望んでいた刺激が与えられた喜びだけでない事は明白で、ゆっくりとこすりつけられる度に何故だか涙が溢れ、耐えるように三城の背中にしがみついた。

「あっ・・・ふっあぁ・・・」

どちらのモノともつかない蜜がグチュリと音を立て、亀頭同士をぶつけられれば抱きしめる腕に力が籠もった。

───どこか、怖い。

「やだ・・・」

「嫌なら、止めるか?」

三城の荒い息が耳元を掠める。

不快に思った訳ではないのだろうが、心配そうに声を潜めれば頭を庇うように抱きしめられた。

「止め・・・ないで・・・」

違う、そんなつもりで言った訳ではない。

ただ少し、初めての感覚に怖かっただけだ。

離れていきそうな三城のペニスを追うように幸田は腰を突き上げ、合わせるようにぎこちなく腰を振った。

ペニスがぶつかり合う音が更なる興奮を誘う。

「んっふっ・・・っあぁぁっ」

こんな感覚は今まで知らないのだ。

頭が真っ白になり、ただ夢中になる。

一方的に与えられるだけではない性交は、幸田にとって初めてに等しいかった。

「あっ・・・あぁぁ」

「くっ・・ぅっ」

程なくして、二人の迸りは幸田の腹へと放たれた。

どりらの物ともつかない白い液体は熱く、落とされた場所をリアルに伝える。

それは本当に熱くて、それだけで声が漏れてしまいそうだった。

「ぅんっ・・・はぁ・・・はっはぁ」

整わない息で必死に呼吸を繰り返し、幸田は三城にしがみ付く。

悲しくない涙は目元を潤す。

「どうした?そんなによかったのか?」

からかうような三城の口調に乗ってやる余裕などあるはずもなく、幸田は理由の解らない涙を零しながら何度も頷いた。

───夜はまだ始まったばかりだ。




  
*目次*