新婚旅行リベンジ・編・33


あっという間に脱がされてしまった純白のタキシードが、ベッドの下へ乱雑に落とされている。

こんなにも早くに全裸にさせられるのなら、わざわざあんな格好のまま長距離を移動しなくても良かったのではないかとやはり思ってしまう。

けれど三城がとても満足げに微笑むから。

脱がせながら何度も「綺麗だ」と繰り替えす彼の言葉も、今日ばかりは素直に受け入れられる気がした。

「恭一、愛している」

「ぼっ・・僕も・・・春海さん、すきっ・・」

手の中に納まってた三城のペニスがそこから離された。

三城が幸田に触れたいと感じるのと同様に幸田もまた彼のペニスを可愛がりたいのだが、口での愛撫を申し出たものの先を急ぐという理由から敢え無く却下されてしまった。

じゅくじゅくと三城の指でアナルを解されていたが、いつもよりも幾分早くそれは引き抜かれ今しがたまで己の手の中に居た彼のペニスがそこへと宛がわれる。

幾度となく彼を受け入れた場所へ、ゆっくりと侵入されてゆく。

「入れるぞ・・」

「ンッ・・・っあぁ」

薄く色づく太ももを三城の片腕に掛けられ、彼の体重をかけながら平均よりも随分と雄雄しいペニスが肉壁を押し広げる。

彼の形を知り尽くしたかのような内部が嬉しげに震えれば、無意識の伸縮に三城も眉を潜めた。

「っく・・・恭一、いきなり・・・」

「やっ・・ぼ、僕はぁ・・なにもっあぁ・・・」

身体を深く二つ折りにされながら三城の胸に腕を絡ませ、全身が泡立つ感覚に耐えているしかない。

いきなりも何も、自分の意思では指先一つ動かせそうにないというのに、彼が何を言っているのか解らなかった。

もっとも、そうでなくても思考に靄が掛かったような現状では言語の理解など遠いのだろうが。

「嘘を言えッ・・こんなに・・締め付けて・・・そんなに俺をいかせたいのか?」

「ちっが・・違う・・。まだいかないで・・・・。もっと、もっと・・・してほしいっ・・・」

絶頂が終幕となるならまだダメだ。

たった今挿入を果たしたばかりではないか。

もっとそのペニスで内部をかき回して快感を与えてほしい。

「もっと奥まで・・来て・・・」

「厭らしいな。だったら・・・恭一が、来るか?」

三城は抱えていた足を離すと、幸田の腕を己へと引きその身体を起こした。

「あ・・・」

局部を接合させたまま向かい合っていたかと思ったのもつかの間、三城はそのまま器用に足を回し後ろへと倒れた。

三城の上に幸田が跨る格好で落ち着く。

「これでどうだ?深くなっただろ?」

「ん・・・・ふっか、い・・・」

相手に主導権を握られるというのが非常に好きではない三城が、所謂騎乗位を幸田にさせる事は珍しい。

今はそれほどまでに機嫌が良いという事なのだろうか。

快感から潤む瞳をなんとか開いた。

慣れない体位は、ただそうしているだけで強い興奮を誘う。

三城の下腹部を跨ぐとこれでもかと足を広げる事になり、多忙な中いつ何をしているのか彼の鍛え上げられた腹筋に両手をつけば、天を突く己のペニスが恥ずかしげも無く晒された。

熱い体内から迸ったカウパー液が空気に触れ、冷たくなりながら竿を伝い落ちる。

「あっ・・・ハッぁ・・・」

「良い格好だな、恭一」

下から見上げる三城は余裕のなさそうな瞳で口元だけ笑みに歪め、亀頭をヒクヒクと震わせる幸田のペニスを握った。

けれどいかせてくれるつもりは無いらしく、扱きはせずただ人の温もりだけを伝える彼の手はもどかしい感触でしかない。

「春海さ・・動いて・・いい?」

「あぁ、もちろんだ」

苦しげな呼吸を繰り返しながらも恍惚の表情を浮べる幸田は、ゆるゆると腰を持ち上げては落とすように体重をかけてペニスを飲み込んだ。

「あぁ・・・」

ゆっくりとした、一回一回区切られたような律動を繰り返す。

自分の良い所を狙う事に夢中で、三城がどう感じているのかまで気が回ったのは暫く経ってからだ。

「ふっ・・あぁ・・・・・はる、みさん・・・気持ち良い?」

内壁一杯の彼のペニスを逃がさないとばかりに締め付ける。

無意識にも近い仕草でそうとされながら、幸田が伺うように首を傾げてみせれば三城が何も感じない筈などない。

「っ・・あぁ。恭一の中も・・十分だが・・それよりも・・・お前のその顔は、反則だ」

「・・・へ?」

「可愛くて仕方が無いと言っているんだっ・・」

三城は幸田の腰を掴むと、今まで我慢していたものを解き放つかのように幸田を下から突き上げた。

「あぁっ・・・ぁぁあ」

幸田の旋律などとは比べ物にならない激しい動作を繰り返され、身動きが取れない。

身体を内側に丸め三城の腹部を掴んでは、倒れないようにただ耐えるだけで必死だった。

普段は当たる事のない奥深くまで、三城の剛根が犯してゆく。

「いっ・・気持ち・・いい・・はるみ、さん・・・やっ・・」

「俺も・だ・・いきたいか?なら・・・自分で触れるな?」

「あっ・・う、ん・・・」

意識もあやふやになりながら、片手を三城から離すとドクドクと脈打つ己のペニスを握り締めた。

「あぁ・・・・」

先ほどまで手中にしていた三城のそれより随分と握り応えのないそれを、指先だけをひっかけるように扱き挙げる。

まるで自慰を見られているかのような状況であるというのに、今の幸田にはもはや真っ当な判断は出来ない。

「気持ち、いいか?恭一。自分の指は」

「気持ちいい・・でも・・・春海さんの・・ちんンっ・・がぁ、良い・・・っ」

「可愛い事を言って・・・くそっ・・・」

「あぁぁ・・・」

ドンッと三城が最奥を突き上げる。

竿を握り締めていた幸田は、背を反らせながら絶頂を迎えた。

体内で三城のペニスが脈打っていると解り、小刻みな仕草に彼もまた幸田と同じくして高みへ上ったのだろうと頭の片隅で理解した。

「はぁ・・・ハッ・・・あぁ・・」

もはや一人では身体を起こしている事も困難だ。

フラフラと不安定に揺れる幸田の身体を、三城は自分へ引き寄せるように倒させ抱きしめた。

「頑張ったな、恭一。とても可愛かったぞ」

「あ・・・春海、さん・・・」

反動で三城のペニスが抜ける。

このまま彼の胸の上で眠ってしまいたいと思うほど夢心地であったが、三城は優しくはなかった。

「次は俺の番だ」

「・・・え?」

身体を回転させ幸田を組み敷く。

いつもの体勢となった三城は、先ほどまでの行為などとるにたらないものだとばかりに起立したペニスを手にしていた。

「楽しませてやる、恭一」

「ふっ・・あぁ・・・」

楽しむよりも眠りたいなどと言えるはずもなく。

幸田は文字通り精も根も尽きるまで、いつまでも疲れを見せない三城に弄ばれたのだった。




 
*目次*