三城×幸田・それぞれの春・編・11



白濁が絡められた三城の指は幸田の後孔に触れた。

ぬるりとした感覚が閉ざされた蕾を撫で上げると、少しの刺激でそこはヒクヒクと物欲しげに震える。

会えなかった間前方での自慰はおこなっていたが、こちらは手付かずだったのだ。

「ん・・・」

鼻から抜けるような甘い声と共に、幸田の瞳はトロンと伏せられた。

早くもっと触れてほしい。

無意識の内に幸田は腰を差し出す。

それを見た三城はニヤリとした笑みを浮かべ、グイッと指を差し込んだ。

待ち構えていたように蕾はどんどんと三城の指を飲み込んでいき、熱い肉が嬉しそうに震えた。

「あっ」

たった一本の指を差し込まれただけで、幸田は背を仰け反らせた。

そこはキュッと閉まり、達したばかりの自身はゆるりと立ち上がる。

「はぁ、、あぁ」

三城がユルユルと指を動かす度に、幸田はびくびくと身体を震わせ、堪えるかのように瞼を強く閉じた。

「狭いな。」

数日振りの蕾は、未経験者のそこのように肉が締まっていた。

指一本でも三城が顔を顰めてしまうほど締め付けてしまうのだから、この状態では三城の雄が入る事は叶わないだろう。

三城はそこから指を引き抜くと身体をずらして行き、幸田の後孔に顔を埋めた。

異物の消えた喪失感に、幸田は悲しげな声をあげる。

「ひぅ、、、」

だがすぐに暖かく柔らかい舌がそこに差し込まれると、またもや背を仰け反らせ逃げるように頭上にずり上がろうとした。

けれど三城は幸田の腰を掴み、行かせはしない。

ねっとりとした舌使いで内壁を舐め上げ、唾液を流し込む。

するとそこは次第に解れてゆく。

「あぁ、、ダメっん」

幸田の自身はすっかり立ちきり蜜を滴らせていた。

反り返った自身の裏筋を透明な雫が伝い落ちる。

そんな場所を舐められるなんて、至極恥ずかしい事のはずなのに。

羞恥よりも勝る快感は、幸田の意識を奪っていく。

入り口から少し進んだ場所、前立腺を三城の舌が押すと幸田は一際濃い蜜を流し、普段からは想像も出来ない言葉を言い放った。

「三城さん・・・入れて」

高い喘ぎ声の途中、掠れているがはっきりとした言葉だった。

だが三城はそこから顔を上げる事は無く、貪るように舐め続ける。

「いや、三城さん入れて、入れてください。」

幸田がイヤイヤと首を振り、逃げるように腰を捻った。

ようやく三城が顔を上げると困ったように眉を下げており、今しがたまで唇が触れていた場所に指をあてがった。

今度は数本の指を深深と差し込むと、大きくかき回す。

「んっ!あぁ、違う、三城さんのっ」

「解ってる。だが、まだ無理だ。すまない。」

三城とて入れたく無いわけは無い。

けれど幸田の身体を考えるとそうは出来ないのだ。

三城は申し訳無さそうに言い、幸田の後孔を解しながら片手で器用に服を脱いでいく。

均整のとれた筋肉は見る者の目を奪う。

全てを脱ぎ、最後に下着を取り払うと、幸田の倍ほどもありそうな自身が現れた。

既に大きく主張をしているそれを幸田の太ももにぶつけるようにしながら、幸田を横から抱きしめる。

伸ばされた幸田の細い指が三城の自身を握り、手から溢れてしまうそれを愛しげに扱く。

「痛くてもいいから、入れてください。」

細く目を開けた幸田が可愛らしく首を捻るから、見つめられた三城は我慢の限界を超えてしまうのだ。

「待ってろ。」

頷くと三城は指を引き抜き、幸田の頬にキスを落すとサイドボードに手を伸ばした。



 
*目次*