三城×幸田・それぞれの春・編・48



ひどく甘ったるい喘ぎ声が、三城の寝室に満ちている。

シーツの波間に見え隠れする幸田の裸体はサクラ色に色づき、体液に濡れた肌はとてもいやらしい。

久しぶりに熱を与えられた身体は貪欲で僅かな刺激すら快感に変わり、まして局部を触れられれば一溜まりもなかった。

互いに互いを求め合い、全身を弄りあいながらの行為は数時間に及び、それでも冷める事のない火照りは更に相手の欲情をも掻き立てる。

「あっあぁ・・・そこ、ダメ・・」

「どう、ダメ、なんだ?」

うつ伏せの身体を後ろから覆いかぶさるように抱きしめられている幸田は、耳のすぐ後ろで余裕の無さそうな三城の声を聞いた。

両手足に力は入らず、ただシーツを握り締め脳が揺さぶられるのを堪える。

三城が体内を突き上げる振動はそのまま幸田の全身を揺らし、すなわちシーツに面している幸田の自身も擦り上げ痛いほどの快感を呼んだ。

もう何度絶頂を迎えたかわからない。

出るものも尽きただろうに身体の奥の疼きは一向に解消されず、もっともっととはしたなくねだった。

「そこばっかり・・・変になってしまう。」

「それが、いいんだろ?」

口を閉じることも出来ない幸田は、喘ぎ喘ぎ口角から唾液が流れ落ち顎を濡らす。

「気持ちいい・・けど・・でも・・・・本当に・・もう・・」

意識薄れゆく幸田の声を察した三城は、グッショリと濡れた後孔を張りの衰えない男根で擦り上げる動きをゆっくりと止めた。

「悪かった、止めるか?」

「うん・・でも、いきたい・・・」

「わかった。」

緩々と首を振る幸田の身体を抱え起すと、三城は挿入したまま幸田を後ろから抱きかかえ座った。

いわゆる背面座位の形を取り幸田の白い足を大きく開かせるが、よほど意識が朦朧としているのか幸田は抵抗も羞恥も見せず、三城は下からゆっくりと内部をかき回すように刺激を送りながら、空気に曝され溢れる蜜で淫靡に光る幸田の自身を扱きあげた。

「ふっ・・あっはっぁ・・」

ぐったりと三城に背を預けながらも恍惚の表情を浮かべる幸田は、喘ぎとも呼吸ともつかない荒い息遣いを繰り返し、放出するものも枯れ尽きそうな絶頂を迎えた。

身体中のどこもかしこにも力は入らず、息苦しげに胸を上下させる。

「ごめん・・・なさい、僕、だけ・・」

「それはいい。俺の事は気にするな。」

三城の大きな手が愛しむように幸田の頭を撫で、髪にキスをする。

幸田の体内ではまだ三城の雄がドクリと息づいているというのに、三城はそれ以上何もしようとはしなかった。

「風呂に入るか?」

「でも・・・、はい。」

幸田の内部からズルリと雄を引き摺り出した三城は有無を言わせる事なく、力の抜けきった幸田の身体を抱き上げバスルームへと向かう。

喉も掠れているというのに何度も「ごめんなさい」を繰り返す幸田の唇は、三城のそれにより塞がれたのだった。



 
*目次*