蒼穹を往く歌声     10



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

元々勃起していた拓深のペニスは、初めての刺激を感じた深いキスにより完全に立ち上がり先端に潤みを見せていた。

亀頭に填められたステンレス製のリング状のピアスに蜜が掛かる。

その隠微な輝きに、イスハークは拓深のペニスを握るとニッと口元を歪めた。

「このような装飾を付けた者は初めてだが、見れば見るほどいやらしいな。その上、立っても小さいしここには何も生えていない」

イスハークがリングの周囲をなぞり、透明な潤みを亀頭に擦り付ける。

弄ぶ手つきに、拓深はイスハークにそこを差し出すよう腰を持ち上げた。

「っふっ・・・ん・・・」

己のペニスを見て相手がどう感じるかなど、拓深にはあまり興味のない事だ。

鼻から抜ける息を吐き出しイスハークのやり易いだろう体勢を取る。

それらは無意識の賜物で、「何もするな」と言われても長年染み付いた反射的な動作は直ぐに止められるものではなかった。

「いつまでもそんな事が出来ると思うなよ」

「・・・え」

ペニスから手を離したイスハークは陰毛の無い肌を撫で、一つづつ確認をするかのようにリングを軽く引く。

上から降りてきた彼の指は、睾丸の更に奥に潜むアナルへと向けられた。

「っぁあ・・ん・」

膝を立て足を大きく広げ、奥まった場所を露にするよう腰をずらせる。

もしも腕を押さえつけられてさえいなければ、拓深は両手で肉弁を掻き分けていただろう。

「なるほど。確かに男を知っているようだ」

本来の用途とは違う使い方をすれば肉体はそれに応じて変化するものだ。

数え切れない程男を受け入れてきた拓深のそこは入り口の肉が柔らかく、触れただけでヒクヒクと震えるあたりイスハークが気がついたのだろう。

もう拓深の動作一つに何も言わなくなったイスハークは、膝で拓深の太ももを押さえると自身の指を舐めた。

「油を持って来るのも面倒だ」

独り言のように呟き、そしてその指を容赦なく拓深の体内へ差し込む。

「ふっ・・ぅん・・・」

「馴れてるというのも、嘘ではないようだな」

彼の指は内部を一撫ですると出て行き、戻って来た時には本数が増やされていた。

乱暴にも思える仕草で肉壁をかき混ぜられたが、何の潤滑油もなく馴らしもないままにペニスを挿入される拷問のような行為を頻繁に受けていた為、この程度は苦痛でもなんともない。

むしろ、唾液で濡らされた指が徐々に本数を増やされるというのはとても受け入れやすく有難かった。

「あっあぁぁっ」

そのうえ、ただ闇雲に内部に刺激を送られているのかと思えばそうではなく、それは拓深の良い場所を探しての動作のようだ。

そんな事をされた経験が無かったので俄かに信じ難かったが、中を広げようとしてるだけのようには思えない。

「ふっ・・・ン」

ある一点を彼の指が掠めると、それまで嬌声を放っていただけの拓深は、ビクンと大げさなまでに背と喉を仰け反らせた。

貫くような刺激が全身を走る。

息が荒がるのが止められず、拓深は重く圧し掛かる瞼を開けイスハークを見やった。

「ぁ・・、なっ・・あっ・・・」

「ここが良い場所か?なんだ、ちゃんといやらしい声も出るじゃないか。俺が聞きたいのはそっちの声だけだ」

グイグイと探し当てられた場所ばかりを刺激されると、亀頭からは透明な蜜が流れる。

勃起こそすれあまりカウパー液が多く現れるタイプではないと自覚していただけに、強い刺激も流れる蜜も不思議だ。

もっととねだるように腰を振ったのは本心からか、それとも条件反射なのかはわからない。

「そろそろ入れさせろ。それだけ垂れ流してる汁があれば足しになるだろう」

言葉とは裏腹、丁寧な馴らしの作業で、広がる事の知っている拓深の身体は十分に解れていた。

両手を拓深から離したイスハークは、ホックを外し皮のズボンを腰までずらす。

中の下着も黒色で、歪に形を変えたその中から彼の張り詰めたペニスを取り出されると、ぼんやりとそれを眺めていた拓深は小さく息を呑んだ。

「ぁ・・・」

幼少の頃から数え切れない程ペニスを見てきた。

ペニスの大きさも色も形も個人差があると知っているし、その中で己のモノは小さく細く色も薄い貧弱なモノだと思っている。

だが、イスハークのそれは拓深が今までに見てきたペニスとは違うモノのように映った。

黒に近い茶色の竿が立ち上がりその下には袋がぶら下がっている、という点では見慣れたそれなのだが、けれど亀頭が丸みを帯びつつもツンと尖る印象であったり、くびれの部分がやけに強調されているなど、見慣れない形だ。

そしてもう一つ。

ただ「大きい」の一言では現せないサイズであった。

嗜虐趣味というよりも乱暴者で、何よりも自分の快感を優先するタイプの客が多かった拓深はあまり玩具の類を使われなかったが、たまに使用された事のあるバイブであればこのサイズも経験はある。

だが、人の肉体であるペニスならば見たことがないモノだ。

「どうした?早く欲しいとでも言うのか?そんな戯言を聞かなくとも入れてやる」

狡猾な笑みを浮かべたイスハークは拓深の太ももを持ち上げ、拓深のカウパー液をアナルになすると、天を向く自身のペニスをそこへと宛がった。

グッと、強く押される衝撃をアナルへ受ける。

一瞬酷い息苦しさを感じたが、それを過ぎてしまえば十分に解されていた事もあり、恐ろしいまでの質量を誇るイスハークのペニスは肉壁を掻き分けながら内部へ侵入した。

「あっ・・はっ・・・」

拓深にとって挿入とは、ただ痛く苦しい行為でしかなかった筈だというのに。

それもこれ程までの大きさであれば歯を食いしばり耐えるしかないと身構えていた。

けれど埋め込まれたイスハークのペニスは、圧迫される苦しさはあるものの我慢出来る程度の苦痛でしかなく、歯を食いしばるどころか唇を開けせり上がる吐息を漏らしたい程だった。

「はっ・・はぁっ・・・ぁ・・・」

「なんだ。馴れているとばかり思っていたが───狭いな」

耳元で彼がクッと喉の奥で笑う。

聞きなれない言葉を残したイスハークは、拓深の太ももを抱え直すとストロークを開始したのだった。