ストーカー編・19



白い壁に照明が反射し、煌々と明るいバスルーム。

大きめのバスタブとはいえ大の男が二人で入るには当然狭く、それを理由に幸田を膝の上に上げた三城は、けれどただそれだけで収まる筈も無く、悪戯に腰を動かし幸田の内部へ押し入っていた。

「あっふっ・・・はるみ・・さん・・」

「どうした?湯の中だから、楽だろ?」

悠々とバスタブに背を預ける三城の一方、不安定に彼に跨がされた幸田は湯船に浸かっているからかそれとも別の理由からか、顔を赤く染め唇を半開きにしている。

いつの間にこんな事になったのだろう。

デートから帰宅し、じゃれあいながら二人でシャワーを浴び湯船に浸かり、そして気がついた時には後孔を弄られそして三城のペニスを挿入されていたのだ。

ぬるめのお湯が、三城のペニスの進入と共に体内へ入って来た感覚がある。

起立した自身のペニスと陰毛が湯に揺られているのを眼下に、幸田は三城の胸に両手をついた。

「はっ・・はるみさん・・ン」

「動けないのか?そんなに顔を赤くして、可愛いな」

三城の片手が幸田の腰を支え、そしてもう片方が紅潮した頬に触れる。

濡れた彼の手の感触が気持ち良い。

もっと触れてほしくて、自分からも触れたくて、幸田は三城の胸から両手を離すとその手を彼の首へと回した。

身体を倒し胸を合わせ密着すると、湯船の湯が音を立て波立つのが聞こえる。

「今日はやけに甘えただな。アナルもずいぶんと締め付けて来る。そんなに俺を欲情させたいのか?」

「ン・・うん。春海さん、いっぱい、して?」

「可愛い事を言って煽るな」

冗談めかした口調の三城は至って余裕有りげであるが、幸田も同じくではない。

昨日もその前も、週末は身体を交じ合わせたけれど、今日はそれとはどこか違う。

バスルームというシチュエーション故か、デートの後とあり気分が盛り上がっているからか、どうにも三城が欲しくて、ただペニスを射れられただけだというのに際立った快感がぼんやりとした気分にさせた。

「春海さん、好き。どうしよう。凄く、好き」

「あぁ。俺もだ」

三城の手が、水中の幸田のペニスを握る。

不思議な感覚を感じながらも、亀頭の割れ目を撫でられれば肩が震えた。

「あっ・・あぁ・・・」

「もう少し腹を上げろ、扱けないだろ」

「だっ・・て・・あぁ・・」

「・・恭一」

「ンッ」

唇が三城のそれにより塞がれると、濡れたそこはいつも以上に熱く感じ、それ以上の熱を持つ舌が絡み合わされれば喉の奥で声が震えた。

髪をかき上げられ、背中を抱きしめられる。

そして自身の体重で深く飲み込んでいた三城のペニスで下から突き上げられれば、身体を支えられなくなるのは直ぐだ。

「ンッ・・ふっ・・っ」

「・・ック・・」

キスを交わしながら、体内をペニスでかき回される。

自然と瞼は閉ざされ、感じるのは三城の声と身体に与えられる快感。

ゆったりとした甘い感覚に満たされれば、沸き起こるのはただ三城が好きだと、誰よりも愛しているのだという感情ばかりだ。

好きで好きで、どうしようもないくらい大好きなのだと、言葉にしても足りない程の気持ちを伝えたくて、幸田はがむしゃらなまでに三城のキスに応えた。

いつもは三城に与えられるまま、その快楽に流されているだけであるが、今はいつにない積極性をみせている。

その変化はどこから来るものか、自身では答えを見つけられそうにない。

「厭らしいな、恭一。そんなに欲しいのか?」

「あっ・・うん。春海さん、もっとして?もっとキスして?」

「恭一からしろ。いつも俺からだろ?」

「・・あ、うん」

唇を離しただけの極近い距離で囁かれ、薄っすらと明けられた視線の先の三城はやはり惚れ惚れとする悠然とした面持ちで、余計に赤面が増しそうになってしまう。

ゆっくりと、離れていた分の距離を詰め、三城の唇に己のそれを重ね合わせる。

何もしてこない三城に代わり、そろそろと彼の口内に舌を差込む。

それだけでも幸田にしてみれば非常に興奮を誘ったが、ここで終わらせる訳にもいかず三城の舌を探す。

そうしている間にも、三城はペニスで幸田の体内を弄んだ。

「フッ・・ぁ・・・ン」

そんな風にされれば、良いところを掠められる度に動きが止まってしまう。

身体がビクついてもしまうし、けれど気持ちが良いのは本当で止めて欲しい訳ではない。

「っぅん・・・」

三城の舌を見つけると、舌先が触れ合っただけで背中が震えた。

与えられるのではなく、己から迎えにいくというのは何とも甘美な事か。

彼のように上手くはいかないながらに夢中になり絡め合わせていると、それまで大人しくしてくれていた三城の舌が急に動き始めいともたやすく幸田を奪っていった。

「ふっ・・・ん・・あっ・・・ウん・・」

アナルに与えられる律動もそれまでとは比べ物にならない速さになり、唾液が口角から流れ落ちただ三城の首にしがみついているしか出来なくなった。

もう、何も考えられない。

そこにあるのは、三城を好きだという感情と、無視を出来ない快感、それだけだ。

「あっ・・・あっ・・あぁ・・イ、いくっ・・はるみさん、いっちゃう・・・・ンっ」

キスの合間にそう囁けば、言い終わらない内に二人の間に白濁が広がった。

元々湯に浸かっているのでそれ以上の熱を体内に感じる事は出来なかったけれど、耳元で息を呑む声を聞けば、三城もまた絶頂の高みに達したのだと伝わる。

「・・っ・・ぁ・・恭一、愛してる。恭一は、俺のものだ」

「・・・はぁっ・・ン・・僕も、春海さん、愛してる。大好き」

自身の精液を浴びて嬉しい筈は無いが、けれど幸田は掠れた声で愛を囁くのが精一杯でぐったりと動けそうにはなかった。

このまま眠ってしまえればとても気持ち良いだろうに。

程よい温度の湯に誘われそう考えた時、急に幸田の身体を突き放したかと思うと、立ち上がった三城はその身体を易々と抱き上げた。

「まだ寝るなよ。ベッドにいくぞ」

有無を言わさず湯船から引き上げられた幸田は、三城に抱きしめられたままシャワーで自身の精液を浴びた身体を流される。

そして大きなバスタオルで全身を包まれると、身体を拭くのもそこそこにタオルごと再び抱き上げられた。

ウトウトすらしてしまっているが、きっとこのまま寝させてはくれないのだろう。

ベッドに沈められた幸田は、それでもまたされるがままに快楽の波に流されていったのだった。



 
*目次*