三城×幸田・正月帰省・編・11
(エピローグ)


「んっあぁ、、ダメ、もう」

三城の寝室に幸田の嬌声が上がる。

数度の絶頂を迎えながらも、燃え上がる感情を抑える事の出来ない三城は幸田を攻め続けた。

二人の精液で汚れたシーツの上で幸田はぐったりとしていたが、中心にある熱は天を突いている。

「あぁぁ、、、っ」

三城の肩を掴みながら背を反らせ、掠れた声で雄叫びをあげながら、幾度目かの欲望を放つ。

「うっ、、、」

つられるように三城も幸田の後孔に証を注いだ。

崩れ落ちる幸田をしっかりと抱きしめた三城は、厚い胸と腕でその身体を閉じ込め、安心しきったような表情を浮かべた幸田は溶けるように眠った。

三城は、眩しそうに幸田を見つめながらその額にキスを落とす。

「愛してる、、、誰よりも」

それに応えるように、眠り顔の幸田が幸せそうに小さく鼻を鳴らした。


【完】

**あとがき**

*目次*