やっぱり好きな人・編・18




 唇を重ね合わせながら、三城の手が恭一のワイシャツのボタンに掛かる。
「んっ……」
 全て外し終えたのか、彼の指先が素肌の胸をなぞり上げる。ツッと伝うそれだけで、背中がぞくりと震えた。
「はっ……あっ……」
「腰が揺れているぞ。気がついているか?」
「……言わないで」
 三城の唇が、離れていく。そうするとそこに寂しさを感じるが、それよりももっと別の部分の熱さを感じた。
 スラックスの下で張り詰めた物が、その腰が。三城に指摘されるまでもなく、欲望に疼いていると理解している。
 止めたくても止まらない。
「此処を、どうして欲しいんだ?」
「触って、春海さん。もっと、ちゃんと……」
 胸を、腹を、なぞっていた指が、スラックスの張り詰めた場所を滑る。それだけでは到底足りなくて、腰を突き出した。
 恥ずかしいだとか、みっともないだとか。高ぶる欲望とそして三城の前では関係がない。
 素直に伝えなくては、三城は与えてくれない。
 荒くなる呼吸のまま、頭上の三城を見上げる。霞む眼差しは、きっと潤んでいるのだろう。
「そんなに俺が欲しいか?」
「欲しい。春海さんが、欲しい」
「そうか。あぁ、俺も恭一が欲しくて堪らない」
 鎖で繋がれていた恭一の腕の中から三城が抜け出す。そうして膝まで来ると、彼はスラックスのベルトを外し、それと下着を掴むと同時に引き下ろした。
「ふっ……」
「もう、こんな風にして」
「だって……キスが……春海さんが……」
「まるで俺が悪いとでも言うような口ぶりだな」
「そうじゃないけど……」
 言いながらも、三城はどこか楽しげだ。
 下着の下で窮屈にしていたペニスが解放された喜びに震える。まじまじと見られる事になど慣れたつもりでいたが、どのような顔をして良いのか解らず、腕で顔を隠した。
「汁まで垂れてるぞ、恭一」
「い、言わないで……あっ」
 三城から顔を隠した先で、笑いを含んだ彼は恭一の亀頭を指先で擦り上げた。
 敏感な部分だ。一度の擽りだけで、鋭い快感に襲われる。
 けれど。
 足りないのだ。それだけでは、そこだけでは。
「春海さん……もっと、もっとして」
「どうしたものか」
「意地悪、しないで……」
「俺を信じなかった恭一には罰を与えないといけないだろ?」
「あ、謝ったのに……」
「足りないな。あぁ、そうだ、これを履いてもらわないとな」
「え? あっ!」
 剥き出しのつま先に、何かが触れる。驚いている内に、それは両足に通され、そして腰まで引き上げられた。
「腰を上げろ、恭一」
「……んっ」
 思わず顔から腕を退ける。頭をもたげると、黒い布地が腰を覆おうとしているのが見えた。
 黒い、革。
 あの下着を履かされているのだと、考えなくても解る。
 抵抗したくない訳では無い。だが、そうとしたところでどれだけの効果があるのだろうか。
 一瞬迷っただけで、恭一は諦めると大人しく従った。
 それまでただ空気に触れるだけであったそこに、再び圧迫を感じる。加えて、普段の下着よりも強い圧迫感。
「う、んっ……きついよ、春海さん」
「そりゃ、恭一の此処が、こんな風になっているからな」
 さも楽しげな三城に、返す言葉が見つからない。
 釘付けられる視線の先では、伸縮性の殆ど無い革の下に無理矢理入れられたペニスが、なんとも窮屈そうにそこを持ち上げている。
 ただ裸体を見られるよりも何倍も、下卑(げび)ていて恥ずかしい。
「見ないで……あんまり、見ないで」
「何故だ。見る為に履かせたんだろ」
「でも……わざわざ履いたって……その、今から……」
「これが、恭一の考えた新鮮な行為なんだろ? 良いぞ。とても似合っている」
 いかにもわざとらしく、身を起こした三城が恭一を見下ろす。
 半ば顔を隠す腕には合皮製でシルバーの鎖が繋がれた手枷。腰には、革製のTバック。
 シャツは脱がされる事無く前をはだけさせられただけ。それがより一層、羞恥的で。
 確かに望んだ事だ。けれどそれは三城が身につける前提であったし、自分が眺める側だ。
 実際に身にしてみると、これ程までに恥ずかしいのだとは思わなかった。
「恭一も良い事を考えるものだな。これはこれで悪くない」
「僕は……春海さんが……」
「よく、俺が素直にこれを着ると思えたな」
「……だって、したいんだと、思い込んでたから……」
 いっそ怪訝そうに、呆れたような三城に、どこか情けない気分になる。確かに、こうして羞恥心を感じてみると、これを三城が素直に受け入れるなどありえないとようやく思えた。
 ただそれでも、やはりこうしている三城を見て見たかった想いは変わらない。
 三城ならば多分、革製の下着も、鎖付きの手枷も、堂々とした振る舞いで着こなすのでは無いかと思える。
「やっぱり、見たかった……」
「そこまで言うなら、今度な」
「え? 本当?」
「いつか、気が向いたらな」
「……嘘だ」
 そのような「いつか」など、永遠に来ないだろう。
 胡乱(うろん)な眼差しで三城を見上げる。
 けれどその先の三城は。どこか満足げな眼差しで恭一を眺めていた。
「可愛い、恭一。今日はたっぷり、可愛がってやるからな」
「……うん」
 手枷に縛られた両腕を三城へと伸ばす。
 今は、これで良い。
 羞恥的で、自由を奪われていて。それでも、興奮が止まらない事には変わりはないから。
 伸ばした恭一の指先に三城が唇を落とす。そうしてようやく彼も、衣服を脱いでいった。


  
*目次*