三城×幸田・新春湯煙殺人事件・編・6



一度撫でられただけの後孔は、射精した後も更にヒクヒクと震えている。

唾液を絡ませた三城の指が、そこへと差し込まれた。

「ん、、、」

掠れる吐息を漏らし、幸田はキュッと指を締め付ける。

「恭一、、、」

三城は呟くように幸田を呼ぶと早急な動きでそこを解し始め、グチュグチュと淫猥な音を響かせながらかき回すように内壁を擦り上げる。

「あぁ、、」

前立腺を掠めたところで幸田は大きな声を上げ、達したばかりの自身が立ち上がり始めた。

「ここか?」

三城がニヤリと笑み、そこばかりを攻め続ける。

押したり引掻いたりとするたびに、幸田はビクビクと身体を振るわせるのが三城は好きだった。

「やっ三城さん、ダメ」

到底制止をしている訳ではないだろう甘い声で言った幸田は、言葉と裏腹に腰を浮かせて後孔を三城へと差し出す。

「あぁ、俺ももう限界だ」

いつもよりもほぐしが足りない気がしないでもないのだが、三城は息を荒げて言うとそこから指を引き抜いた。

三城の服装はまだ全く乱れを見せず、カジュアルなパンツのフロントを寛げ腰までずらすと、既に硬くいきり立つ自身を幸田の蕾へとあてがった。

一般的なサイズよりも雄雄しい自身は、それでも慣れた様子で幸田の中へとズブズブ入っていく。

「あぁっあっ」

何度行為を重ねても、太いそれを受け入れる侵入時の衝撃は強いらしく、耐えるかのように三城にしがみ付いた幸田の目じりからは、うっすらと涙が流れた。

頭上に逃げるようにしてしまう幸田の癖は、太い異物を無意識に拒んでいるからだろうか。

だがその太さばかりはどうと出来るわけもなく、三城は幸田に申し訳なく思うだかりだった。

「恭一、大丈夫か?」

三城は全てを入れると、幸田の背に腕を回して抱きしめながら優しく囁く。

「んっ、、三城さん、、、だ、じょうぶ」

うっすらと瞳を開け儚げに微笑む様を見ると、幸田が無理をしている風にも見える。

あまりに愛しい姿に三城は幸田を強く抱きしめ、その瞳から流れた涙を舌先で舐め取った。

「大丈夫、、、だから、来て」

幸田は片足を三城の足に絡め、腰を突き出して誘うと、三城はゆっくりと腰を使い始めた。

幸田とて、三城の自身が嫌いな訳ではない。

三城としてしまうと、その大きさとテクニックからもう他の男とは出来なくなりそうだが、元よりそんな予定もないので構わなかった。

「三城さ、、好き。大好き。」

徐々に激しくなる突き上げと比例して、幸田も声高に叫んだ。

「あぁ、俺も愛してる」

幸田の耳たぶに唇をつけ、甘噛みをしながら三城が囁く。

「あぁ、、、あっもう、、、」

すでに幸田の声に辛さなど微塵も無い。

しいて言うならば、快楽に酔った悲鳴だろう。

「三城さんの、、、これ、気持ち良い、、、っ」

普段の幸田からは想像も出来ない淫猥な言葉に、三城は更なる興奮を覚える。

今までは自身の大きさとテクニックに加え、持久力にも自信があったのだが、幸田相手ではそれは発揮出来ていない事が多い。

「三城さん、もう、デルッ」

「あぁ、俺もだ、、、」

幸田は三城に強くしがみ付き、ギュッとキツく瞼を閉じた。

そうすると内壁も同じく引き締まるのだが、その癖に幸田は気づいていない。

「うっ、、、」

三城が一際強く突き上げ、熱い迸りをそこへと放った。

同じくして、三城の下で身体を丸めるような仕草になった幸田も達する。

「あっあぁぁぁ」

自分の放った物が腹へとかかり、「熱いな」と思ったと同時に幸田は意識を手放したのだった。



 
*目次*